Skip to content

FFT スペクトル解析ソフトを無料でダウンロード

スペクトルアナライザソフト フリーウェア

Visual Analyserは、お手持ちのPCサウンドカードを使用して、PCを完全な測定器に変える、完全なプロフェッショナル・リアルタイム・オーディオおよびスペクトラム・アナライザー・ソフトウェアです。

新しいハードウェアは必要ありません。お手持ちのPCのサウンドカードを使用することもできますし、Plug.n.DAQ LiteRogaDAQ2などの特定の外部ハードウェアを使用することもできます。

Visual Analyser 2021バージョンが利用可能になりました(32ビットプラットフォーム)、Windows 9xとの互換性はなくなりました。

VAは、以下のような一連の電子機器をシミュレートするリアルタイム・プログラムです。

オシロスコープ(デュアルチャンネル、xy、時分割、トリガー

振幅と位相を表示するスペクトラムアナライザ(リニア、ログ、ライン、バー、オクターブバンド解析 1/3、1/6、1/9、1/12、1/24)

波形発生機能(カスタムファンクション):三角波、矩形波、正弦波(いずれも干渉しない、滑らかな変化)、ホワイト/ピンクノイズ、パルス発生、DC発生 [New!

周波数計(時間および周波数領域)およびカウンター:時間領域ではリアルタイムのゼロクロスアルゴリズムを使用

ボルトメーター(DC [New!]、True RMS、Peak to Peak、Meanの各表示と分解能計算機能付き

フィルタリング(ローパス、ハイパス、バンドパス、バンドリジェクト、ノッチ、「ダイオード」、DC除去

時系列、スペクトル、位相の解析と保存、トリガーイベントのメモウィンドウ(データログ)、スプライン補間によるTHDおよびインピーダンスのデータロギング、さまざまなフォーマット(.tee、.txt、.wmf)でのグラフィック保存が可能です。

スペクトルとスコープウィンドウのスクリーンショット

真のソフトウェア・デジタル・アナログ変換(ナイキストの定理を用いた完全な信号再構築

周波数補正:カスタムの周波数応答を作成/編集し、スペクトラムアナライザの計算スペクトルに追加することが可能。カスタムの周波数応答と並行して、標準の重み付け曲線A、B、C(New!

APIコールによる8/16/24ビットのサウンドカードのサポート

丸め誤差を最小限に抑えるための内部80ビットIEEE浮動小数点変数

セプストラム解析,相互相関

拡張THD測定(自動掃引、補正、データログ付き

ベクトルスコープ付きZRLCメーター、時間と周波数の自動掃引による自動測定

キャリブレーション機構(VAスケールをVOLTまたはdBまたはフルスケールパーセントで直接キャリブレーション可能

リアルタイムで計算された一連の値(ピーク・トゥ・ピーク、ピーク、クレストファクター、フォームファクター、真のrms、平均、ゼロクロスアルゴリズム付き周波数

Waveファイルの記録と再生

カスタムFIRフィルター

インフォメーション
推奨ハードウェア
Translate »